D階段
ごはんとお絵描き、ごっちゃめし!  脱力系に力入れたい。

お風呂漫画




話題のコミック「テルマエ・ロマエ」を連休に読みました。いや~面白かった!
タイトルは、ローマの浴場という意味らしいです。

ローマ帝政の設計技師ルシウスが、何故か現代日本の銭湯、温泉、家庭のお風呂にタイムスリップしてしまいます。
そして風呂限定で、日本と古代ローマを行ったり来たりできる体質(笑)になってしまう。
時空を超えた大冒険(但し、お風呂限定)が始まるというのが、帯のコピーフレーズについてました(爆)
当然、現代文化が進んでいるわけだし、古代に帰った彼が現代日本のお風呂を参考に設計して、周囲の大絶賛を浴びたりとか皇帝にも気に入られたりとか、あるわけです。

この漫画のツボは、主人公ルシウスのクソ真面目といってもいい位、実直かつまじめな性格にあると思います。
くわえて、見知らぬヘンチクリンな外人を受け入れて、親切にもてなす現代の日本人達(この漫画では「平たい顔の民族」と評されてますが 笑)とか。
お風呂で裸のお付き合い(笑)というのに、シモネタに走らない笑いに好感が持てます。
お風呂のみならず、日本の洗浄トイレに敗北感まで感じる、探求熱心な主人公にも爆笑します。

外国との比較文化を論じてるというよりも、日本人はこんなにもお風呂好きな国民だったのかという事実に突き当たります。
ルシウスのアイデア自体、ワープ先の日本の風呂文化を、いわばパクってるわけですからね。
そして入浴を楽しむための知恵や工夫で、わが国の入浴文化(ん?)が発達していったんでしょうけど。
しかし、こんなに風呂好きな国民だとはっ!(笑)
ルシウスが、現代日本の「スーパー銭湯」を目の当たりにしたら、仰天することでしょうね。
さらに新たな敗北感を得るかも(爆)

お風呂ネタでどの位続けられるのかナゾですが、作者の着眼点は素晴らしいと思います。
これを漫画にするあたり!なかなか~!
さらに漫画に加えて、当時のローマ風呂の歴史や検証も載ってて、興味深いです。
作者は、夫がイタリア人でかの地に在住ということです。
イタリア人も風呂好きだったんですね(笑)島国で火山もあるから、温泉も豊富ですし。
大衆浴場を楽しむ古代ローマ人に親しみを感じずにはいられません。
理想の浴場設計をめざしてがんばれ!ルシウス(笑)


そういえば、イタリアといえば、昔旅行したイタリアのホテルでの出来事を思い出しました。
トイレとは別に、横についている二個目のトイレのような噴水のようなもの。
どのように使うのかナゾのまんまでした。どこのトイレにも普通にあるんですよ。ビデだと知ったのはずいぶん後です;
考えてみれば、洗浄式のトイレが発明される以前からずっとあったらしい。
洗浄式のトイレを考えた日本人ってスゴイです!ルシウスのワープ先が日本ってのも当然か。(爆)いや~、奥が深いもんですね~。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。