D階段
ごはんとお絵描き、ごっちゃめし!  脱力系に力入れたい。

あまりの衝(笑)撃に

そろそろ寝ようかと思ってたのに、見たとたん!目が覚めてしまいました。
笑いすぎてもう おなか痛い;
「愛と誠」が映画化されて、近く公開されるそうなんですが。

原作の漫画もテレビドラマも過去の実写映画も知ってます。
昭和な熱い作品でしたが…こちらの平成版はもう、とんでもないですね@@
ミュージカル?コメディですか?
う~ん…何を狙ってるかというより、
過去の「愛と誠」がなかったことになりそうな作品になることは間違いない(爆)
なんせ不良達のダンスシーン(!)とか…踊りまくるのか?インド映画みたいに?

監督が三池さんだから、一癖ありそうな映画だとは、まぁ想像つくけど。
この脚本家さんて「新撰組血風録」で近藤勇を演じてる方でしたよね。
局長!ご乱心(殴)
キャスト、特に脇を固める面々が濃ゆ~いです。
そして、選曲がとんでもなく昭和です。

ミュージカル?「愛と誠」についていける方だけ、どーぞ↓


「愛と誠」公式サイト

スポンサーサイト

あれから一年

あの未曾有の大震災から、もう一年というか、まだ一年というか…受け取り方はそれぞれ違ってきます。
特に今日は、ちょうど一年ということで、追悼の式典、震災復興支援のさまざまなイベントが開催されてますね。
「絆」という言葉をこれだけ、至るところで見たり聞いたり、飛び交った年はないでしょう。
あまりに安易に使われていて、その言葉の持つ重みが薄れてしまったかのよう;

一方で、一年経っても片付かないもの。
テレビや新聞で見る「がれきの山」が現実を語ってます。
復興は「がれき」の撤去無しにはありえないと思います。
私の住む県では被災地の「がれき」の受け入れを始めています。が反対にあって…一筋縄ではいかないという現状があります。
個人的には安全性が確立されていれば、被災地の「がれき」を受け入れても構わないと思います。
ただ、この安全性は誰が保証してくれるのでしょうか。
「がれき」の引き受け先があんまりない現状をもどかしく思いながら、募金することしかできてない自分を申し訳なく思います。

昨日PTAの用事があって学校に行きましたが、校庭の桜が満開でした。
河津桜のように、早く咲く種類のものだと思いますが、とても綺麗でした。
まだコートやマフラーが手放せないような寒さであっても、春は確実に来ているんですね。
被災地にも暖かい春が早く来ますように。
私も忘れず、支援は継続しますから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。