D階段
ごはんとお絵描き、ごっちゃめし!  脱力系に力入れたい。

耳が、耳が

「坂道のアポロン」を見ています。→公式サイト

実は見る気では見てなく…初回から、録り貯めておいてハズレなら消す気でいました(おい)
が、…耳がついつい、画面を追って気がつけば毎回見てます。
だって…九州弁の嵐なんだもん。
九州(福岡)出身の私としては、もう懐かしいやら。耳がぴくぴく(笑)

この作品、長崎の佐世保が舞台です。主人公は東京出身らしいのですが、家の事情で九州の親戚の家で暮らすことに。
転校先の高校で、恋や友情を挟みながらジャズを通した青春物語といったところでしょうか。
学生運動の盛んな頃だと思われるので、時代背景が昭和60年代以降?の東京と長崎。
私の耳には、長崎弁もそんなに違和感なく耳になじみます。
ただ、福岡は「俺」=「おい」とは言わないんですよね。
一人称を「おい」というのは、九州でも南の方じゃないかな。

九州弁などの方言が登場する漫画作品て、どのくらいあるんでしょう。
「福岡」は意外にあるような…「クッキングパパ」なんてほとんど博多弁だし、古くは「博多っ子純情」があったっけ。
後者は、今でも博多で一番売れてるお饅頭のCMで使われてます。

漫画に限らず、地方が舞台の映画作品も方言がかかせないので、生き生きと話が展開してるようにみえます。
ただ、本当の方言って聞いてても「??」日本語と思えないくらいわかんないのもありますね。
同じ九州でも「よだきい」が「だるい」の意味とか大分の人でないとわからなかったり(笑)
福岡でも微妙に違います。

全国的に放送される「方言」が、意味わかりやすいのに限られてるのは仕方ないとしても。
「巨人の星」の左門だって熊本の人から言わせたら…「怪しい熊本弁」だそうだし。
以前「深夜食堂」の続編一回目のドラマは博多が舞台で、これが嬉しくなるくらいの見事な博多弁!
あとで気づいたら、主役2人とも福岡出身!
道理でイントネーション、アクセントとか自然でした。

「夏目友人帳」は熊本の人吉の風景を参考にしたと何かで読んだことがあります。
だったら、「熊本弁」を話す「あやかし」が登場してもよいのじゃなかろーか。
「怪しい熊本弁」で、全然かまわないんだけどなぁ(笑)

Comment

周りで九州弁は…
ほとんどしゃべる人いません。だって、ここは静岡。(まるでアウェー状態です 笑)
なので、九州弁で進行してくアニメがもう、新鮮で^^
音楽がテーマの作品なので、アニメにすると醍醐味が。
演奏もスタンダードなジャズなので、すんなり入っていけるし、菅野よう子さんの作曲も豪華ですよね。
>シロエ
確かに!薫くんにちょっと入ってますか(笑)

夏目の続編の放映は決定してるので、それも楽しみですねー。

2012.05.27 20:02 | URL | ダリル #GHYvW2h6 [edit]
(同じく)耳が、耳が~
ダリルさん、こんにちは
坂道のアポロン、福岡出身(!)の人に勧められ、今、2話まで視聴しています。
九州弁、反応しちゃいますよね^^
絵を見た途端、繊細できれい~と思ったけど、キャラクターデザインが結城信輝さんなんですね。
主人公が時々成長したシロエに見えなくも…^^
青春だなーとまぶしく見ています。アニメだと音楽がダイレクトに伝わっていいですね。
方言は、同じ県でも地域によってかなり違うし、面白いです。夏目と熊本弁のあやかしのやりとり、見てみたい~♪
2012.05.26 16:05 | URL | トン #r31xh0LQ [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。