D階段
ごはんとお絵描き、ごっちゃめし!  脱力系に力入れたい。

あけましておめでとうございます

今年の抱負…なんて書くと達成されそうにないので書かないことにします。
あ、でもせめて一ヶ月一回はここのブログを更新したいです(笑)
あれもやりたい、これもやりたい、思いはいっぱいなんですけど。
私は時間の使い方が多分、ヘタなんだと思う。
同じ24時間でありながら、一日を上手に使ってる人が羨ましいです。

新しい年を迎え、自分も確実にひとつ年をとるわけですが、親もそうです。
遠方に住んでるので、帰省する度に親の「衰え」を感じます。
幸い私の職場は、まとまった休みがとれるので、帰省は半分介護に帰るようなものですかね;
今年も元気でいてほしい。

今年の正月は帰省できなかったんですが、やっぱり子供の頃の九州で過ごした事を殊更に思い出します。
毎年「おせち」は母と作ってました。
博多雑煮(あごだし、鰤と鶏肉、かつお菜、丸もち)がめ煮、黒豆、なます、たづくり、きんとん、淡雪羹。
静岡に住んでも、基本は博多雑煮です。かつお菜は手に入らないけど。

ただ、今の子って…がめ煮や和風のおせちは好まないんですよね;
いつも残ってしまうので、ここ数年前からお取り寄せの洋風も混ざったおせちです。
黒豆は自分で作った方が美味しいので、手作りからはずせませんが。
自分の家の味って、母親から伝わってるDNAに刻まれたようなものじゃないでしょうか。
私の母はもういないのですが、たぶん母と同じ味に近いと断言できます。
野菜の切り方~塩分濃度とかetc。
だって、何度も何度も一緒に作ったもん。
思い出とともに、舌にも刻まれてるよう。

今度は、その味を自分の娘にも伝えていきたいと思っていますが。
娘にとっては、顔も声もしらない祖母(生まれる前に母は亡くなってしまったので)です。
そのおばあちゃんの味を「おせち」で、娘が受け継いでいくのも楽しいじゃないですか。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。